正興グループ行動理念

CORPORATE ACTIVITY STANDARD

企業行動規範

誠実に応えること、信頼をいただくことを基盤としています。

正興グループは、事業活動を展開するにあたり、法令を遵守し、社会規範・企業倫理に則って 行動するとともに、ステークホルダー(利害関係者)との対話を重ねつつ、その期待に誠実に応え、信頼をいただくことが持続的発展を遂げていくための基盤であると考えます。
この「企業行動規範」は、「社是」、「経営ビジョン」に掲げられた精神に則り、企業としてとるべき行動ならびに企業人として日々の業務遂行にあたって、心がけなければならない基本的な方針をまとめたものです。

行動規範

  • 1
    お客さまの満足
    社会的に有用で、信頼性の高い製品やサービスを、安全性や環境保全などに十分配慮して開発、提供し、お客さまに愛され信頼される企業を目指します。
  • 2
    社会的規範の遵守
    法令や社会的規範、社会的良識に基づいた公正で健全な事業活動を行い、社会から信頼される企業を目指します。また、社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢力および団体とは一切関わりません。
  • 3
    公正な企業活動
    公正、透明、自由な競争を行うとともに適正な取引を行い、誠実な企業活動を推進します。また、政治・行政とは健全かつ正常で透明な関係を維持します。
  • 4
    企業情報の開示
    株主・投資家はもとより、広く社会とのコミュニケーションを図り、適時適切な企業情報を積極的かつ公正に開示し、企業活動の透明性を高めます。
  • 5
    環境問題への取り組み
    環境問題が人類共通の重要課題であることを認識し、『環境との調和』をスローガンとして、地球環境の保全と社会への貢献を目指して活動します。
  • 6
    社会との調和
    社会の一員であることを深く自覚し、『良き企業市民』として、積極的に社会貢献活動を行い、地域社会との共生に努めます。
  • 7
    人間性の尊重
    社員のゆとりと豊かさを実現し、安全で快適な職場環境を確保するとともに、社員の人格・個性を尊重し、能力を十分に発揮できる、楽しく果敢な企業風土を醸成します。
  • 8
    国際ルールの遵守
    海外での事業活動においては、国際ルールや現地の法律の遵守はもとより、現地の文化や慣習を尊重し、その地域の発展に貢献します。
  • 9
    経営幹部の姿勢
    経営幹部は、本規範の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範のうえ、社内および関係者への周知徹底に努めます。また、社内外の声を常時把握し、実効ある社内体制の整備を行うとともに、企業倫理の徹底を図ります。

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、「最良の製品・サービスを以て社会に貢献す」の社是の下、「競争力の強化」・「経営判断の迅速化」を図る と同時に、「経営の透明性」を高める観点から経営の監視機能および内部統制機能の充実、コンプライアンス経営の 徹底を重要課題として取組み、企業価値の向上に努めることをコーポレート・ガバナンスの基本方針としております。

コーポレートガバナンス体制の概要

  • 取締役会と執行役員制度
    当社の取締役は、12名以内とする旨を定款で定めており、取締役8名(うち社外取締役3名)の体制にて経営に あたっております。
    当社は執行役員制度を導入しており、経営と業務執行の分離および責任と権限の明確化を図っております。  取締役会は、重要事項の決定ならびに取締役の業務執行状況の監督という本来の機能に特化し、執行役員は自 己の職務を執行する体制となっております。執行役員の職務の担当範囲は、取締役会にて定め、その責任と権限を 明確にしております。また、定例の取締役会を毎月開催するとともに、取締役会の機能をより強化し、経営効率を向上 させるため、執行役員で構成する経営会議を毎月開催し、業務執行に関する基本的事項および重要事項に係る意思 決定を機動的に行っております。
  • 監査役監査
    当社は、監査役制度を採用しており、監査役数は3名(うち社外監査役2名)であります。監査役は取締役会に参加 するとともに、監査役会を定期的に開催し、経営への監視機能を備えております。また、常勤監査役は取締役会のほ か、重要な意思決定の過程および業務の執行状況を把握するため経営会議等に出席するとともに、主要な稟議書そ の他業務執行に関する重要な文書を閲覧し、必要に応じて取締役または社員にその説明を求めております。
  • 会計監査人監査
    会計監査人監査につきましては、有限責任監査法人トーマツと監査契約しております。当社と同監査法人または業 務執行社員との間には、特別な利害関係はございません。
  • 内部監査
    内部監査を実施する内部監査室(2名)は、内部監査計画に基づき、会社の取引が正当な証拠書類により事実に基 づいて処理され、帳票が法令および諸規程に従い適正に記録されているか否かの検証をするとともに、会社財産の管 理状況について監査し、また会社の日常業務の執行が法令・定款その他会社の諸規程に準拠して合法的かつ合理的・ 能率的に行われているかについて監査しております。
    また内部監査室は、監査の結果改善すべき事項があると認めた場合、被監査部署の長より指摘事項回答書を受け、 その措置状況を必要に応じて事後確認しております。
  • 指名・報酬諮問委員会
    当社は、取締役会の任意の諮問機関として、指名・報酬諮問委員会を設置しております。
    同委員会は、取締役、監査役および執行役員等の指名・報酬等に関して、取締役会の諮問を受けて審議を行い、 その結果を取締役会または代表取締役へ答申しております。
コーポレート・ガバナンス体制

安全衛生への取り組み

正興グループは、『安全が全ての企業活動に優先する』との認識のもと、安全で心身ともに健康な職場を実現します。このため、”安全衛生マネジメントシステム”の適切な運用を図り、効果的に安全衛生活動を推進し、継続的改善を推進しております。

<安全衛生方針>

1.基本に立ち返り、労働災害『0』を実現しよう。
2.5S徹底により安全衛生活動の地道な実行に努めよう。
3.「大丈夫か?」最後の念押しで交通災害撲滅に努めよう。

<重点実施項目>

1.マネジメントシステムの導入
2.建屋設備・職場・作業の安全化
3.化学物質リスクアセスメントの実施
4.安全衛生教育の実施
5.職場自主活動の推進
6.安全衛生パトロールの強化
7.防災訓練
8.疾病の早期発見対策
9.作業環境快適職場推進
10.疾病予防
11.職場のストレス軽減対策
12.交通安全、交通災害発生者の指導強化
13.安全衛生行事の実施

TOP