ごあいさつ

REPRESENTATIVE GREETING
添田 英俊

情報と制御の独創技術で未来を創造する

正興電機製作所は、1921年に創業し、「最良の製品・サービスを以て社会に貢献す」を社是として掲げ、堅実な経営、人材育成を基礎として、時代を拓く技術の開発を続けてまいりました。
「情報と制御の独創技術で安全で快適な社会の実現」に取り組んでいる数々の事業が大きく成長するチャンスととらえ、2021年の創立100周年に向けた長期経営ビジョン(正興グループビジョン100)および新中期経営計画(SEIKO IC2021)を策定しております。
私どもの会社は、OT・IT・プロダクトの3つすべてを有する強みを持っており、OTに関しては古く、1973年、昭和48年に、九州電力殿より、変電所/総合自動化で嘉穂制御所を受注したのが最初でした。
ITは、1985年、昭和60年に、 (株)日立製作所戸塚工場に研修社員21名を派遣し、ワークステーション基本ソフトウェア開発の受託を開始したのが始まりでした。
IoTは 2007年、平成19年より、九州電力殿の変電所の操作支援システムとして始まり、約600ヶ所に導入を致しました。
さらに、私たちは、創業以来のプロダクトを通じて、現場の知を理解しており、その総合力で、お客様の課題を解決できる力を持っています。

私どもは、この強みを最大限に生かして、電力・環境及び海外でのインフラ事業を拡大してまいります。

代表取締役社長添田 英俊

TOP