キャリア・教育制度について

HUMAN RESOURCES DEVELOPMENT

人事制度

当社の人事制度は、社員のやる気を喚起することによって会社業績を向上させることをねらいとして設計されています。

制度全体は、バランススコアカードの考え方が取り入れられており、経営方針に基づき、組織の目標がトップからボトムまで貫かれることにより、 全社員が経営ビジョンや経営戦略、経営目標を自ずと共有できるようになっています。

具体的には、
(1)役割や責任を明確にすることにより、職種や階層に応じて求める人材像を示し、
(2)経営目標をブレイクダウンすることで設定された目標により成果と行動に応じた評価が行われ、
(3)その評価に基づき、給与の決定や新たな役割や責任の決定が行われます。

このような3本の制度を基軸として、社員ひとりひとりの自己実現と会社の成長が共に達成されることを念頭において、構築、運用されています。

教育研修制度

若手社員の早期育成を目指し、入社から3年間は特に重点を置いて様々な研修を実施します。以下は、教育研修制度の一例です。

新入社員研修 入社後1ヵ月は会長・社長・各部門長講話やビジネスマナー研修、またお客様見学等で当社の設備が「社会インフラの維持」にどのように役立っているのかを実際に、見て・聞いて・触れて学びます。その後2ヵ月は仮配属先で実際の業務を体験します。
新入社員フォローアップ研修 入社1年後には、外部講師を招いた研修を実施。グループワーク等を通して、仕事への姿勢や社会人としての基本をもう一度見直します。
若手研修 当社では入社3年目が新人育成の到達点となります。若手研修は、その「到達した証」と「若手社員の自立・飛躍への動機づけ」と位置付け、3つの研修を実施しています。
1.座学研修
入社から今までのマインド面での成長の振り返りとこれからのキャリアビジョンの設定。
2.研究論文
これまでの経験から、品質向上、改善、調査、企画、分析など若手社員ならではの視点で論文を作成。
3.論文発表
作成した論文を社員、取締役の前でプレゼンテーション。
エルダー教育 入社1~3年目の社員には、他部署の優秀な若手社員がメンターとして付き、多方面からサポートします。 社会人基礎力を高めるための目標設定を個別に立てそれぞれが活動しており、毎月1時間実施するエルダー活動では、個別面談だけでなくチームでの活動もあります。
選抜研修 選抜された社員は、海外派遣研修や社外交流会をはじめとした外部研修に会社支援のもと参加できます。ビジネスパーソンとして必要な意識、知識、スキルの向上をはかるものです。
資格取得支援制度 会社が認める業務に必要な資格を取得する場合は、会社が初回受験料を補助し、合格時には褒賞金を支給します。

【新入社員教育】

  • 1
    当社と当社を取り巻く環境の理解
    会社沿革、事業内容、組織機能、当社のお客様、当社を取り巻く経営環境
  • 2
    経営に対する考え方の理解
    社是、経営ビジョン、経営方針、中期経営計画
  • 3
    会社人・正興社員として共通に求められる基礎知識とマナーの理解・修得

【管理職教育】

組織の責任者である管理職を対象に、マネジメント能力の向上と次世代の経営幹部の育成を目指した教育研修を実施しています。

  • 1
    人材マネジメント関連
    労働関係法令、人事制度、評価者訓練、コーチング研修、メンタルヘルス研修
  • 2
    経営戦略・経営管理関連
    マネジメント研修
  • 3
    キャリアプラン研修

採用に関するお問い合わせはこちらから

TOP