トップページ事業製品紹介環境エネルギー(産業)部門 > 太陽光関連製品

事業製品紹介

社会(産業)システム(環境・省エネシステム、FA)

太陽光発電関連製品

遠隔運用監視PV診断システム
大・中規模な発電設備の遠隔運用監視・保守管理

◆価格低減を重視した簡易型システム製品
 ・汎用型磁気センサーの採用による低価格化。
◆既存の接続箱に装着可能
  (装着方法は、既設接続箱の仕様により異なります。)
◆設置工事コストの大幅削減 
 ・無線通信採用により、通信ケーブル敷設工事が不要。
 ・装置電源不要。電源ケーブル不要。
  (接続箱内の太陽光発電電力線から受電)

◆故障診断に加え豊富なオプションを実装
 ・PCSの運転状態取込み
  (電圧・電流・電力・電力量・運転・故障等)
 ・売電用配電設備の運転状態を監視
 ・避雷装置として「SPD実装」および「SPD劣化の通報」可能(オプション)
◆記録機能と安心安全のデータ保全サービス
 ・故障発生の履歴監理と帳票管理機能(日報、月報、年報)
 ・データセンターでのデータ保全とサービス
  (伝言・伝達用インフォメーション、図面整理ホルダ機能等)

◆法定点検の効率と精度向上の支援
 (遠隔監視技術など新技術の導入状況などの最新の見地から点検頻度の合理化。
  太陽光電池・PCSは年2回、専用の受変電設備は1~3ヶ月に1回以上の点検)
 ・遠隔監視による合理化支援
 ・携帯端末による点検支援システム
◆遠隔監視による点検コストの低減
 ・運転故障情報、計測記録の遠隔監視機能
 ・故障情報のメール通知機能

従来の接続箱に加えPV診断システム用センサー付き接続箱3機種を品揃え
(低価格型、PV診断による発電損失防止型のラインナップ充実)

 1)系統連系盤として7.2kV~6kV製作可能
 2)監視制御PLC・Web端末を搭載
  1.売電用配電設備・PCS設備の状態収集
  2.発電設備情報の監視・記録・データ収集

このページのトップへ戻る




WEB監視画面
標準画面(例)
総合情報画面
計測情報画面
レポート画面
グラフ画面
掲示板画面
図面・資料画面
オプション画面(例)
特高系統画面
サブ画面
このページのトップへ戻る
PV診断システム

太陽光パネルの故障を、ストリング毎またはモジュール毎に検出するシステムです。

 太陽光パネルの故障を、ストリング毎またはモジュール毎に検出するシステム
接続箱
◆ジスタ(断路開閉端子台)採用により、「低価格化実現」
従来の接続箱
ストリング故障診断接続箱
◆各ストリング毎の電流と接続箱毎の電圧の偏差を測定(磁気センサー採用による低価格実現)
◆AC100V電源不要(太陽光発電より受電)
◆ストリング電流の偏差により、太陽光ストリングの異常を自動検出
簡易型ストリング故障診断接続箱
ストリング故障診断接続箱(磁気・CTセンサー)
◆各ストリング毎の電流と電圧(一括)を測定。(分割式CT採用。)
◆装置電源は、商用AC100/200V又は、PV発電電源を選択可能。
◆通信は、有線・無線の選択が可能。
◆日射量、気温等、計測値を2量取込み可能。(アナログ入力オプション)
◆SPD警報接点などを1点取り込み可能。(デジタル入力)
ストリング故障診断接続箱(CTセンサー)

◆太陽光モジュール単位で異常検出
◆夜間、太陽光ストリングに、複数のパルスを発信し、反射波を計測
◆夜間の盗難防止にも有効
◆シリコン多結晶・単結晶太陽光モジュールに対応
モジュール故障診断接続箱

太陽光発電において、太陽光パネルで発電した直流電力を1つにまとめ、パワーコンディショナーに供給するための盤が接続箱です。

◆接続箱の特徴
  • 当社開発のダイオード基板により、高い放熱効果を確保。
  • 太陽光ストリング接続部に、当社製ジスタを採用。
  • ケージクランプ端子による接続の簡素化と安全性を確保。
  • 耐塩仕様・重耐塩仕様に対応可能。
  • SPD仕様(オプション)に対応可能。




太陽光発電において、太陽光パネルの故障をストリング単位で診断する装置を内蔵した接続箱です。太陽光パネル故障を早期検出し、故障による発電ロスの低減を行うことができます。

◆接続箱の特徴
  • 当社開発のダイオード基板により、高い放熱効果を確保。
  • 太陽光ストリング接続部に、当社製ジスタを採用。ケージクランプ端子による接続の簡素化と安全性を確保。
  • 耐塩仕様・重耐塩仕様に対応可能。
  • オプション対応により、避雷装置としてSPD実装可能。

◆ストリング監視装置の特徴
  • 太陽光パネルストリング毎の電流・電圧を常時計測し異常を検出。
  • 電流計測に汎用型磁気センサーを採用し、低価格化を実現。
  • 無線通信システム採用により、通信ケーブル工事の大幅削減を実現。
  • 装置電源接続不要。(接続箱内の太陽光パネルから装置電源を受電)
  • 既設接続箱に装置を設置可能。
  • 消費電力3W以下の省電力設計。
  • 既設接続箱に実装可能。(実装方法は、接続箱の構造により異なります)
  • オプション対応により、「SPD劣化」を取込み通報可能。




太陽光発電において、太陽光パネルの故障をストリング単位で診断する装置を内蔵した接続箱です。太陽光パネル故障を早期検出し、故障による発電ロスの低減を行うことができます。DC1000Vのストリング電圧に対応。

◆接続箱の特徴
  • 投資対効果の高い(内部利益率3%向上)DC1000V発電システムに対応しています。
  • 低損失のヒューズ(1.7W/9A)を採用し、発電電力の損失を低減しています。
  • 耐塩仕様・重耐塩仕様に対応可能。
  • オプション対応により、避雷装置としてSPD実装可能。

◆ストリング監視装置の特徴
  • 太陽光パネルストリング毎の電流・電圧を常時計測し異常を検出。
  • 電流計測に汎用型磁気センサーを採用し、低価格化を実現。
  • 無線通信システム採用により、通信ケーブル工事の大幅削減を実現。
  • 装置電源接続不要。(接続箱内の太陽光パネルから装置電源を受電)
  • 既設接続箱に装置を設置可能。
  • 消費電力6W以下の省電力設計。
  • 既設接続箱に実装可能。(実装方法は、接続箱の構造により異なります)




太陽光発電用接続箱のストリング毎の電流・電圧を計測、相互で比較し、太陽光パネルやパネルの接続状態の異常を検出・通報する装置です。

◆通信ケーブル工事不要
無線通信により、接続箱~サーバ間の通信ケーブル工事不要。

◆装置電源ケーブル工事不要
接続箱内の太陽光パネル電力線より装置電源を受電するため、装置電源ケーブル工事不要。

◆既設接続箱に設置可能
装置内の電力線を切断することなく、ケーブルにセンサー取付ける(接触させる)方式のため取付が簡単。

◆太陽光パネルストリング毎の電流を自動監視

◆SPD劣化通報可能(オプション)
接続箱内にSPDを実装し、「SPD劣化」接点を取込み自動通報。

◆小型・軽量・省電力
DC600Vタイプ:111×60.5×30mm、3W以下  DC1000Vタイプ:150×65.5×30mm、6W以下




太陽光発電用接続箱のストリング毎の電流・電圧を計測、相互で比較し、太陽光パネルやパネルの接続状態の異常を検出・通報する装置です。

◆太陽光パネルストリング毎の電流と電圧(一括)を計測。

◆通信仕様
  • 有線通信と無線通信のどちらかを選択可能。
  • 有線通信は、産業用で広く使用されているModbus RTU(RS-485)を採用。
  • 無線通信では、接続箱~サーバ間の通信ケーブル工事不要。

◆電源仕様
  • 商用電源用電源基板と太陽光パネル電力線より供給するPV用電源基板を選択できます。
  • 商用電源用電源基板では、24時間監視を行うことが可能です。
  • PV用電源基板では、PVが発電状態の時監視を行うことが可能です。また、電源ケーブル工事が不要になります。

◆既設接続箱に設置可能
  • 分割式CTセンサー方式のため装置内の電力線を取り外すことなく、容易に設置が可能(後付け可能)。

◆各種センサー等の入力可能
  • 接続箱内への温湿度センサー設置により温湿度管理が可能。
  • デジタル入力を1点装備。(使用例:「SPD劣化」接点を取込可能)
  • アナログ入力2点を準備。(オプション)
  • 計測基板増設により最大32点までのストリング監視が可能。(オプション)

◆ニーズにあった納入形態
  • 装置単体販売から接続箱、および太陽光監視システムとして納入可能。



このページのトップへ戻る
製品に関する資料ダウンロードはこちら
  • 太陽光モジュールストリング
  • 太陽光ストリング監視装置
  • 太陽光ストリング故障診断接続箱
  • 集電箱
  • 接続箱(小型モデル)

お問い合わせ

エネルギーソリューション営業部
TEL (092) 473-8939 FAX (092) 473-9065 E-mail:sales@seiko-denki.co.jp

このページのトップへ戻る
Copyright(C) SEIKO ELECTRIC CO.,LTD All rights reserved.